直接商品を買うのでないカードの仕方はたやすいです。カードを経由してストレートに購入できない物を直に買うという方法ではなく、遠まわしに購入するのがより良いです。解説が単純な事により、最初にある商品券の例を利用して話してみたいと思います。例にあげようとしている女性が有名な銘柄のアクセサリーを使いたいと思っているとします。手に入れたい高価なバックを置いている店ではクレジットで取引することが無理です。けれどもVISA、MasterCard、NICOSなどののギフト券を用いるなら支払いを許容してくれるようです。したがってとある個人はクレジットカードでギフト券を買い付けする事ができるギフト券のを売っている店舗に行きクレジットを用いてVISA、Diners clubなどの券を購入してみました。次に駆使したカードを使用して注文したJCB、MasterCard、NICOSなどの商品券を売店に携帯して訪れ手に入れたかった高価なカバンを注文したとします。「一体どうしてギフトカードで購入した男性はそんなややこしい手続きをするべきなの?」と思うのかもしれませんが実をいうと上記で述べた手法を運用するのであれば一般ではもらえることのなかったクレジットカードポイントがもらえます。普通、お金を支払う事で高価なバックを注文したとした場合ポイントは獲得できませんし、JCB、MasterCard、NICOSなどの金券を金で注文してから使用してもカードポイントは得られません。でもこの例の時であるならJCB、NICOSなどのギフト券をクレジットカードで買い取りしたという理由で、高価なカバンを取り寄せしたときと等しい分だけカードポイントがつく事になります。こういう場合が直接でないようにカードローンを利用したことという根拠で遠まわしに使うカードと言われるやり方です。